ホーム > 賃貸サマリ > ユーザーズボイス01

株式会社コムラエージェンシー

http://www.komura-agency.co.jp

経営企画室室長 郷内秀峰様

賃貸サマリをご利用していただいております「株式会社コムラエージェンシー」様の活用事例を紹介させていただきます。今回は経営企画室室長の郷内 秀峰様にお話を伺いました。

マーキュリー:
今回リリースいたしました「賃貸サマリ」の活用方法や今後弊社に求めている部分などお話いただけますと幸いです。まず、御社の事業内容を教えてください。
郷内室長:
不動産ファンドを組成する投資会社に物件を供給するデベロッパーです。主たる供給物件はデザイナーズマンションです。さらに我々が創り上げた物件のプロパティマネジメントも行っています。
マーキュリー:
事業展開や業務をする上で不動産データをどう捉えていますか?
郷内室長:
非常に重要なアイテムであると思います。現在は事業を進める上であらゆる分野において、数字の裏づけが必要になっています。事業を組み立てる際、情報を収集し、分析した上で的確に企画へ反映させる事が事業成否の鍵を握っていると捉えています。また私は情報(データ)というものは生き物であると思っています。
その情報(データ)を生かすも殺すも分析者次第なので、データを扱う分野には、分析スキルの高い人材に携わらせる事が企業にとって大変重要なポイントだと思います。
マーキュリー:
不動産市場をマーケティングする際にどういうデータを重視し、また意識してご利用されていますか?
郷内室長:
やはりエンドユーザーの不動産に対するニーズ&ウォンツが強く反映されているデータを大切にしています。本当にお客様が望む住宅というのはいかなる物件なのか?日々精進の連続です。我々デベロッパーにお客様の要望を端的に教えてくれるデータは非常にありがたいですね。
マーキュリー:
郷内様は商品企画を主に取り組んでおられますが、企画をする上でのコンセプトは何ですか?
郷内室長:
それは『顧客満足の追求』です。さらには、我々が誇りと自信を持って、お客様をはじめ同業他社様や卸先企業様に紹介できる作品を創り上げることだと思っています。魅力的で競争力を持っている商品であれば、必ず市場に評価していただけると考えています。
マーキュリー:
また、御社はリーシングも手がけておられますが、賃料設定の際に意識している点はどのようなところですか?
郷内室長:
必ず完成後の造形・近隣状況をイメージします。また、市場動向やユーザーニーズを把握した上で賃料設定する様に心がけています。
マーキュリー:
現在 ご利用いただいております賃貸サマリの感想をお聞かせください。
郷内室長:
非常に良く出来たソフトだと思います。賃貸業に携わる者にとって、欲しい情報が全て網羅されていると言って良いのではないでしょうか。数多くのパターンで帳票類が取り出せるので、賃料設定の際に多角的なシミュレーションができ大変重宝しています。また、ユーザーインターフェースも良く練られていると感心しました。
マーキュリー:
賃貸サマリをどのような業務にご利用頂いておりますか? また、利用頻度の高い帳票類はございますか?
郷内室長:

写真:本社外観

本社外観

我々にとって、プロジェクトの企画段階に於いては賃料設定が非常に重要なポイントとなります。競合物件や近隣相場を調査する際に大変頼りになるツールですね。主に経営企画室で利用していますが、全社的にも利用させてもらっています。
又、よく利用している帳票類ですが該当地周辺の賃料データから徒歩分別、築年数別などカテゴリ別の構成比グラフはよく利用しています。
マーキュリー:
弊社へのご要望や、今後期待する点などございましたら教えてください。
郷内室長:
現在の賃貸市場は日々刻々と変化しています。市場のニーズに対応する為の情報が的確に且つスピーディーにソフトへ反映される事を望んでいます。
また、システム化することが難しいと思いますが、設備・仕様による抽出ができるようになれば非常にありがたいですね。今後もより完成度の高いシステムを期待しています。
マーキュリー:
このたびは貴重なお時間とご意見、誠にありがとうございました。
これからもお客様のニーズを的確に捉え、賃貸サマリのグレードアップに努めてまいります。

ページの先頭へ